ホーム>スタッフブログ>人工虹彩移植
スタッフブログ

人工虹彩移植

こんにちは、スタッフの藤原ですscorpius

 

皆さんは青い目の外国人に憧れたこと

ありませんかeye

 

それが今やカラーコンタクトでかなう時代ですが

最近では人工虹彩移植(じんこうこうさいいしょく:the artificial iris implant)

といって瞳の色を好きな色に変えられる手法まで現れました。

 

この手術は、局所麻酔をした角膜に切れ目を入れ、2.8 mm程度の薄いシリコン製の人工虹彩レンズを入れるだけの簡単な手順で

手術は片目につき15分程度で終わり、無痛で安全だと言われています。

手術後の数日間は、車の運転、重い物を持つこと、スポーツを控えるくらいなので、レーシック手術と同じようなイメージです。

人工虹彩レンズは好きな色を選ぶことができ、さらに、問題がある場合は人工虹彩レンズを除去することで、容易に元の状態へ戻ることが出来るそうです。

 

この技術は、左右の眼で虹彩の色が異なる虹彩異色症の人や、

目のメラニンが生まれつき少ない白皮症の人のための医療技術として開発されました。

先天性無虹彩症の患者に行った手術では、色を変えるだけでなく、部分的に見えていなかった視野がほとんど完璧な状態に治ったそうです。

 

毎日カラーコンタクトをつけている人が

美容目的で利用することが増えそうですよね。

ですが、手術の手順によっては、角膜損傷により、視力低下や失明につながる可能性は捨てきれないので、

リスクがある事を理解しなければいけません。

 

青い目…憧れはあるけれど私は憧れだけで終えておこうと思います。

黒いつぶらな瞳も魅力的ですものeye

 

 

 

それでは

本日もお問い合わせお待ちしておりますwine

クラブ・ヴェルサイユ

TEL: 03-6303-3945

HP: http://www.club-versailles.com/

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.versailles-club.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/98